女性の健康に欠かせない

ウーマン

食事で整う

女性ホルモンは、女性の体の働きにかかせないもので、エストロゲンと言われる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと言われる黄体ホルモンがあります。エストロゲンは、女性らしい体つきや美しさに働きかけるもので、肌のハリやツヤもよくなり、気持ちも安定させます。また一方、プロゲステロンは、排卵後から分泌されるホルモンで、食欲が増進したり、皮脂の分泌が促されたりします。気分がイライラしがちになります。一生の内で分泌される女性ホルモンの量は、ティースプーン一杯と言われるほど少ないものです。女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに変化し、30代以降は減少します。そのため、女性ホルモンを増やすだけでなく、2つのホルモンバランスを整えることが大切です。年齢を重ねても、女性らしく健康に過ごすために、ホルモンバランスに気を付けましょう。ホルモンバランスが乱れる原因は、加工食品やインスタント食品などに多く使われる化学調味料の摂り過ぎや、ダイエットや偏った食事によるタンパク質の不足などが挙げられます。そこで、女性ホルモンを増やすためにできることは、食事に気を付けることです。有名なものでは大豆食品などに含まれる大豆イソフラボンが、女性ホルモンに近い働きをすると言われています。他にもビタミンB、ビタミンA、ビタミンE、マグネシウムやカリウムなど、のミネラルも欠かせません。また、女性ホルモンを増やすためには、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。また、自律神経の乱れも、ホルモンバランスを乱します。女性ホルモンを増やすだけでなく、自律神経を整えることも重要です。